宝石買取り初心者に解説!

アメジストなど、紫色の宝石を買取りしてもらうときのポイント!

アメジストの宝石の買取りについて

 

あなたが持っているアメジストの宝石は、どこに売るのがいいと思いますか?

 

「もし価値がなくて、査定の金額を聞いて恥ずかしい思いをしたらどうしよう?」

 

「アメジストだと今まで思っていたけど、もしかしたら違うのかも……」

 

などと考えてしまい、なかなか買取りに出せない状態になっているかもしれませんね。

 

でも、そんな心配は無用です!

 

あなたが宝石の価値を見極めることが難しいのは当然のことなんです。

 

このため宝石の買取りは実物を専門の査定士に見せることが一番大切ですが、少し知識をつけておくと安心できることもあると思います。

 

ここではアメジストを中心として紫の宝石について、かんたんな特徴種類買取りに関する情報を紹介していきます。

 

◇ 宝飾品の専門買取り先 ◇

 

 

まず、アメジストってどんな宝石?

 

紫色の宝石というと一番はじめに思い浮かべるのが「アメジスト」というくらい有名な宝石ですね。

 

アメジストは紫色をした水晶(ロッククリスタル)のことで、和名ではそのまま「紫水晶(むらさきすいしょう)」と呼ばれています。

 

アメジストの原石

画像はアメジストの原石

 

宝石業界などでは正式には「アメシスト(英語:Amethyst)」と言うそうですが、なぜか一般的にはアメジストですね(言いやすいから?)

 

アメジストは、どこか神秘的な澄んだ紫色をしているのが特徴。

 

宝石屋さんで販売されているアクセサリーでは無色の水晶はあまり使われませんが、アメジストはきれいな紫が珍重されて利用されています。

 

ちなみにアメジスト以外では、水晶の仲間としては黄〜オレンジ色のシトリンや、やさしいピンク色のローズクォーツが取り扱われているようです。

 

水晶がそこそこ丈夫な宝石な上に、アメジストは昔から高貴な色として扱われることの多い紫色。

 

いくつか宝石を持っているなら1つはアメジストという場合も多そうですね。

 

 

アメジスト以外にも紫色の宝石はある

 

紫色の宝石といえばアメジスト!というくらい紫の石の中では有名ですが、紫色の宝石はアメジスト以外にも種類があります。

 

アクセサリーに鑑別書がついていない場合は、もしかしたら査定してもらった結果持っている宝石がアメジストではないと言われる場合もあるかもしれません。

 

参考までに、アメジストに近い紫色を持つ宝石を挙げると、「パープルサファイヤ」パープルトルマリン」「パープルフルオライト」、白熱光(室内の明かり)の元での「アレキサンドライト」(※自然光では緑や青に見える)など。

 

この中で「パープル」とついている「サファイヤ」・「トルマリン」・「フルオライト」は、紫以外にも様々な色のものがあります。

 

それぞれ宝石の特徴に違いはあるんですが、「アレキサンドライト」以外は見分けるのは難しいので宝石の査定をしてもらうときに聞くのが確実と思います。

 

もちろん石の種類によって価値も異なるので要チェックです!

 

 

アメジストの買取事情

 

「アメジストは一体いくらで売れるんだろう?」

 

というのが、買取りに出すときの一番の関心事ですよね。

 

アメジストはほかの宝石と比べると、残念ながらあまり高くは売れないようです。

 

この理由は、上質なアメジストの原石が現在たくさん採れているから

 

どんなにきれいなものでも、数が多くあるものはそれほど高価ではないんです。

 

同じものであっても、1つのものを100人が欲しがる場合と、100つのものを100人が欲しがる場合では前者のほうが絶対に値段が高くなりますよね?

 

極端な例ですが、どちらかというとアメジストは後者の100つあるほうに入るため、買取価格はどうしても安くなってしまうようです。

 

でも、アメジストの中でも紫の色が濃いもの宝石のサイズが大きいもの宝石の中の傷が少なくきれいなものなどは高値の可能性があります。

 

ブランド物であれば査定がプラスの可能性も

 

そのほかに、アメジストに限らずブランドのジュエリーであれば、買取価格が上乗せされることもありますよ。

 

ブランド品の場合は、購入したときにもらった「ギャランティーカード(保証書)」ジュエリーが収まっていた箱がそろっているほうが高く買取ってもらいやすいです。

 

また、ブランド物は特にジュエリーのデザインによっても人気のものに買取価格に高値がつく可能性が高いです!

 

まともにアメジストなどの宝石を査定できない買取業者の存在

 

……と、全体的にはなっているんですが、実はアクセサリーなどの宝石の買取を扱っている業者の中にはまともにアメジストの価値を査定できない業者もあります。

 

お店のチラシや買取サービスのネット上に「宝石買取ります!!」などと書かれていてもダメなところがあるので要注意です。

 

アメジストなどの色のついた、ダイヤモンド以外の宝石のことを「色石(いろいし)」と呼ぶのですが、その色石は査定が非常に難しいらしく、ある程度修行を積んでいても誤った判断をしてしまうことがあるそう。

 

このため、買取業者には色石の買取自体を扱っていない場合も多いそうです。

 

宝石を購入したときについてくることもある鑑別書を持っていれば、ある程度は宝石の情報が客観的に分かるのでこの場合にかぎって買取っていることもあります。

 

それでも最終的には実物の宝石を見て査定をするため、宝石の価値を見分ける能力のある査定士のいる買取業者に見てもらうことが大切になります。

 

 

ここまで読んで、「自分のアメジストのアクセサリーを売るのは面倒だし意味がないのかな」と思いましたか?

 

でも、ちょっと待ってください!

 

アメジストの宝石に高値がつかない場合でも、アクセサリーではほかの部分で買取価格がつく場合がよくあるんです。

 

アクセサリーの金属部分や装飾のダイヤも査定対象

 

アメジストにかぎらず、アクセサリーの色石以外の部分にも買取金額がつく場合がよくあります。

 

代表的なものは、身体に直接触れる金属部分によく使われている「金」「プラチナ」

 

そして、真ん中の石を目立たせるために配置された小さな「ダイヤモンド」です。

 

金やプラチナはともかく、なぜアメジストより小粒のダイヤモンドに値段がつくのか、ちょっと不思議ですよね。

 

これは、ダイヤモンドがなかなか採れない宝石であるだけでなく、国際的に決められた規格で流通しているから。

 

小粒のダイヤモンド「メレダイヤ」と名前を付けられ、どの買取業者でも取扱いがしやすいんです。

 

ほかのアクセサリーの周りを飾るのに再利用もされやすいのも、買取価格がつきやすい理由のようです。

 

このため、アメジストの宝石には高値がつかなさそうと感じてもアクセサリーを一度査定してもらうことが大切になります。

 

すぐに売らないときのアメジストの保管方法

 

もしも今すぐにはアメジストの宝石を売らない場合、どのように保管しておけばいいでしょうか?

 

アメジストにとって一番大切なことは、紫色を保つこと

 

この紫色、なんと光に当たるとじわじわと色が抜けてしまいます!

 

正確に言うと、アメジストには自然界に存在する紫外線などの光に当たると退色してしまう性質があります。

 

このため、アメジストの価値を下げないために保管するときには必ず光を通さない箱や袋に入れておきましょう。

 

また、アメジストは比較的傷つきにくい宝石ですが、強い力がかかったりアメジストより硬い宝石と当たったりすると傷がついたり割れたりすることもあります。

 

ほかの宝石といっしょにせず、1つだけの状態で箱などに保管しておくと安心です。

 

 

アメジストの買取りにおすすめな買取サービス

 

『リファスタ(Refasta)』

 

【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

・宝石と貴金属の買取りに特化しているから、高価買取りが期待できる!
・ダイヤモンドはサイト上で買取相場シミュレーションもでき安心

 

リファスタでは宝石やジュエリー、金などの貴金属の買取りに特に力を入れて行っているため、査定技術の高さと高価買取りが狙えます!また、値段だけでなく査定の安心感も大切にしており、サイト上でダイヤモンドの品質ごとの相場シミュレーション貴金属の当日の買取相場もチェックできます。

 

店頭買取:東京(東池袋)

 

『バイセル』

 

アクセサリーの買い取りならバイセル

・初めて宝石を売る方でもかんたんな申し込み方法!
・全国の出張買取に特に力を入れ、アフターフォローもしっかり

 

バイセルは分かりやすくシンプルなサイトで電話でも申し込みができるので、買取りがはじめての方でも査定の申し込みがスムーズに行えます。 汚れや破損、古いものでも買取り対象のものがあるため、すでに諦めていたものでも買取りを依頼してみるのがよさそう。 またアフターフォローにも力を入れているので安心して査定を頼めると思います。

 

持ち込み買取:全国(一部対象外)
※バイセルには店舗はなく、代わりに指定の場所への持ち込み買取があります

 

『ブランドリバリュー』

 

【ブランドリバリュー】

・ブランド品の宝石に特に高価買取りが期待できる!
・査定料、キャンセル料、宅配料、宅配返送料などすべて無料!

 

ブランドリバリューは、その名のとおりブランド品の買取りに特に力を入れているようです。 気になる査定料、キャンセル料などがすべて無料なのもうれしいポイント! 店頭買取は完全個室制なので、人の目を気にせず買取ってもらえます。

 

店頭買取:東京(銀座・渋谷・新宿)、大阪(心斎橋)

 

アメジストなど紫の宝石買取のまとめ

 

アメジストなどの紫色の宝石は、宝石査定に確かな腕を持つ査定士のいる買取り先に査定をお願いすることが大切です。

 

アメジスト自体には高値はつきにくいですが、アクセサリーの金属部分やまわりのメレダイヤ買取価格がつく可能性は非常に高いです。

 

あなたの判断だけで捨ててしまわず、買取り査定を依頼することが大切です。

宝石買取りに失敗しないための情報




<宝石を高く売るなら>